対応方法を知っておく

Posted by 管理人 on 9月 26, 2017

交通事故で後遺症が出た場合には、どのように対応すればよいのかが重要になります。まずは本当に後遺症であるのか、後遺症であっても交通事故が原因なのかを特定しないと等級認定をしてもらうことができません。等級認定をしてもらわないと、当然慰謝料を請求することもできないので、どのような対策を練るのかを知っておく必要があります。もちろん弁護士への相談は必須です。

しかも後遺症というのは、医師でも判断が難しくなっているので、認定してもらうのが難しい場合もあります。まずはできるだけ早い段階でしっかりと検査を行いましょう。近年では専門医も存在しているので、このような専門医に診察や検査を行ってもらうのがよい方法です。後遺症の中でもさらに診断が難しくなっている種類も存在しているのですが、その1つが疼痛性感覚異常です。

疼痛性感覚異常の疑いがある場合にも、やはり早い段階で専門医に診察してもらうことや、交通事故に詳しい弁護士に相談することなどが大切になってくるでしょう。ちなみに疼痛性感覚異常だと分かった場合には、症状によって変わってくるものの、14級から7級の間に認定されます。よく保険会社からは、心因的な原因があるのではと言われることもあるでしょうが、これに応じる必要はありません。

Filed under 未分類

Comments are closed.